会社のニュース
HUGE、頑張れ!再エネ化の世界的潮流へ 2022-04-02

脱炭素社会の実現に向けて鍵を握るのが、太陽光発電をはじめとするクリーンエネルギーの普及だ。世界中では脱炭素社会実現に向けた動きが活発化している。米国のバイデン政権が2035年に電力を脱炭素化し、その40%を太陽光で供給する方針を示し、ドイツでも3倍とする目標が提案されている。日本は、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすることを目指す「2050年カーボンニュートラル」を宣言する。さらに気候サミットでは、2030年度に温室効果ガスを2013年度に比べて46%削減することを目指すことを表明した。




写真は、山形県東根市にある1.2MWの太陽光発電システム。



このような流れを受けて、ヒュージエナジーは、太陽光発電の普及に一層力を入れている。架台システムが案件の必要条件やお客様のニーズに従い、新JISに基づいて、モジュールサイズや屋根形状、積雪地域、強風地域、重塩害地域等でもフレキシブルに対応可能なデザインは特徴だ。環境に配慮するが、同時にコスト削減も実現する。特高の実績があり、日本全国の特高案件に対応可能。中国架台メーカーのトップ、自社工場での一貫生産。高品質かつ施工性の良い架台を提供し、高い評価を受けている。再エネ化の世界的潮流の中、勇猛果敢な再エネ企業になっている。





コロナ禍でまだ経済の先行きは不透明だが、再生可能エネルギー産業に関しては展望が明るいように思う。かねてより環境への投資が活発で、企業は再生エネを必要としており、政府や自治体は脱炭素社会の実現に向け、再エネの普及を促す方針を打ち出している時代、Huge Energyがこれまでの経験や知見を活かして、今後の見通しは限りなく明るいだろう。










ホーム

製品センター

会社情報

お問い合わせ

ちがう